トップ画像

高脂血症となる問題とは

食事で数値を減らす方法

余白12mm
コロッケ写真
余白12mm
ウインナー
余白12mm
魚写真
余白12mm

● なぜ数値が高くなったのか? 減らす方法とは

中性脂肪が高い原因は、食事の量と活動量(運動で消費する)のバランスが崩れていること。毎日の食事と運動で消費する差が大きくなると血液中の脂質(中性脂肪)の数値が増減してくる。

余白1mm

食後、食べ物が消化・吸収されていくと体内に糖質や脂質が増えていきますが、偏食過食の状態、または運動不足の状態が続くと体内に脂質が増えすぎていることから健康診断にて中性脂肪の数値が高くなり、あまりに多いと脂質異常症となりメタボリック症候群の可能性が高まります。

余白1mm

中性脂肪の数値が高くても普段の生活は可能です。しかし、対策をせずにそのままにしていると、
血液中のコレステロールが血管に悪い影響を与えて動脈硬化となることが考えられます。
その後、動脈硬化が原因の脳卒中心臓病など命に関わる病気になる可能性が上昇する。

余分な食事を減らす方法が最も重要となります

数値改善の為には、数値を高くしてしまう食べ物の摂取量を減らす方法が有効となります。
問題となる食品は肉類で調理した、カツレツ、チキンカツ、鶏の唐揚げ、ポークソテー、ハンバーグステーキなど。動物性脂肪を直接詰め込んだ腸詰めウインナー、豚の角煮なども控えます。

余白1mm

それらをキノコ類野菜類(特に緑黄色野菜)など血液サラサラ食材の料理に変えていきます。タマネギ、もやし、大豆、こんにゃく、オクラ、キャベツの炒め物、豆腐、椎茸、わかめ、大根、かぶの味噌汁、かぼちゃ、たけのこ、レンコン、人参の煮付け、海苔、納豆、やっこなどに変えます。

余白1mm

アルコールの量も影響しますが、それ以上につまみを、焼き鳥、牛タン、ミックスピザにするよりも、サラダや刺身にします。また、お酒の後、就寝前にラーメンを食べる習慣は禁止としましょう。

余白1mm
食べる事

魚に含まれる「EPA・DHA」が中性脂肪を下げる食品

青魚
余白1mm
魚の効果

毎日摂取していく食べ物とはく

大きな魚は部位により脂の量が変わります。特に大トロは脂が多くEPA、DHAが多く含まれます。

EPA


・脂肪由来エネルギー比率(脂質由来エネルギーの割合)脂質の値を高める脂質由来エネルギーの摂取量の割合を数値にする。脂質由来エネルギー比率は摂取エネルギーを適正量にするための指針となる。インスリン抵抗性の改善と脂質異常症となる原因を改善、血管性疾患の改善。脂肪エネルギー比率は、摂取した脂質の量に9キロカロリーをかけた数字を総エネルギーに100をかけた数字で割る。若い年代では脂肪エネルギー比率は3割前後、中年以降では2割前後が望ましい。動脈硬化性疾患予防ガイドラインによると高LDL-C血症の場合、脂質由来エネルギーを症摂取エネルギーの2割以下にし、コレステロール摂取量を制限。高トリグリセライド血症の場合は、脂質由来エネルギーを2割以下、炭水化物を大幅に控える。脂肪由来エネルギー比率を改善するには、食品の栄養成分表示の脂質量を確認し減らす事。揚げ物、調理油が多くなる揚げ物、炒め物を控えるなど。(脂質由来エネルギー比率の9キロカロリーは脂質1グラムのエネルギー)